ビーガン料理のおもてなしに困った!口コミで見つけたプロのレトルトビーガン料理「366vivi」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

先日、出張料理先でヴィーガン料理を作るために、ヴィーガンについて調べる機会がありました。

皆さんヴィーガンについてどれくらい知っていますか?

いざ料理を作ろうと献立を考えるんですが・・

僕自身無知だったので「あ、これもダメなのか、、」の連続で、結構悩みました。

今回はそんなヴィーガンについて、もし「ヴィーガンのお客さまをお料理でおもてなしする場面」になった時にいいなと感じたサービスを見つけたので合わせてご紹介します!

目次

ビーガンってそもそも何?

ビーガンとは卵や乳製品を含む、動物性食品をいっさい口にしない「完全菜食主義者」のこと

ベジタリアンとの違いは以下
 ヴィーガン        (植物性食品〇それ以外×)
 ラクト・ベジタリアン   (植物性食品〇乳製品〇それ以外×)
 ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品〇乳製品〇卵〇それ以外×)
 ペスコ・ベジタリアン   (植物性食品〇乳製品〇卵〇魚〇それ以外×は食べる) 

一口にべジタリアンと言っても種類が分かれるんですね。

ヴィーガンの歴史

調べてみると1944年イギリスが起源で、「動物の体・卵・そして新たに乳も食さない協会」より”vegan”という言葉が提案されています。

本当のヴィーガンとは「動物性食品を食べない」だけではなく「人間が動物を搾取することなく生きるべきであるという主義」だということで、かなり徹底された考え方です。

「Vegetarian」の頭3文字「Veg」と末2文字「an」の文字を使うことで、今までのベジタリアン主義の終わりと始まりという意味も掛け合わせているそうです。

参考>>https://arcj.org/vegan/vegan-meaning/

ビーガンは具体的にどんなものが食べられるの?

日本の精進料理はまさにヴィーガン料理!

困った時はヴィーガン料理のプロに注文するという選択肢

さて、ヴィーガンについて知ったところで、いざおもてなし料理を自分で作る場面が来た時においしく作れるのか。。

実は野菜のみでうま味を出して、おいしく満足感のある料理を作ることはとっても難しいので、プロに任せるのもいい方法です。

罪悪感のないレトルトと言われ、プロがけん引するネット通販のレトルトフードサービス

「366VIVI(サンロクロクヴィヴィ)」

366VIVIはどんなサービス?

あなたのおうちがレストランに。肉に負けない野菜の旨味があるのに、1食108kcal~。野菜のスペシャリスト大平哲雄がプロデュースするオーガニックレトルト料理

366VIVIの料理を考案しているのは大平哲雄という有名シェフ

大平 哲雄シェフ

世界各国のレストランで修行を積み、2009年にオーガニック野菜を中心とした「ロータス&フラワーズ ワン」というレストランを東京にオープン。1000以上のベジデトックス料理を考案し、大手企業とのコラボの実績も多いヴィーガン料理界のプロフェッショナル。

大平シェフ曰く

  • 「一部の人のためだけのヴィーガン」
  • 「ヴィーガン料理は野菜だけで味気ない」
  • 「美味しくない」

このようなイメージを払拭したいという思いを商品に表現するべく、野菜には特にこだわりがある。

現地まで足を運んで実際に味を確かめた野菜だけを厳選し、パッケージから商品開発までを完全プロデュースしているそう。

366VIVI商品ラインナップ

商品数は少ないが、全て添加物フリー、動物性食品フリー、グルテンフリー

カレーソース2種、パスタソース3種の計5種類

366VIVIの良い評判と口コミ

実際のレビューから使用するメリットと実際の口コミをまとめてみました。

  • プロが作るおいしいヴィーガン料理が食べられる
  • レトルトだから手軽に作ることが出来る
  • 食品エキスや保存料は不使用で安心安全
  • 肉は使用していないのに満足感がある
  • 体質改善・食生活改善が期待できる
  • 賞味期限が長いので使い切れなくても安心

ヴィーガン料理は胃や腸にかかる負担が少ないので、ダイエットや美容にも効果的なんですね。

366VIVIの実際の悪い評判と口コミ

  • 味にクセがある
  • 肉がないと食べた気がしない
  • レトルトにしては値段が高い

食べた後の満足感に関しては賛否両論あるようです。

いかんせん口コミの総数自体が少ないです。

366viviは高い?

366viviのレトルトパックは1食700円~1000円程度

普通のレトルトカレーは300~400円くらいなので約2倍といったところでしょうか。さらに10800円以下だと送料もかかります。

さぁパッと見高く感じてしまいますが・・実際高いのか??冷静に考えてみましょう。

  • 名のあるシェフが考案
  • 過程で誰でも作れる味付けの技術
  • 難しいヴィーガン対応調理
  • 一食分のボリューム

こんな贅沢してレトルトのたった2倍なら、そもそも用途が違うのでこんなものだと僕は思いますね。

お得な初回限定価格の特典あり

すべての味が楽しめる送料無料の初回限定5点セットが初回限定価格でお得!

口コミで見つけたプロのレトルトビーガン料理「366VIVI」まとめ

本記事ではヴィーガンについての基本知識とビーガン料理のプロが作るレトルトフードサービス「366vivi!」をご紹介しました。

近年、日本で食べられる食材のバリエーションは増え続けており「食」の考え方も多様化しています。環境調和を考えた食の変更、自身の健康を考えた食の変更、時代と共に変化する「食」は難しい。

自分で勉強するもよし、その道のプロに頼るも良し。選択肢の一つとして参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

SNS料理家|飲食10年|持病で大好きな飲食の仕事をリタイア|4歳娘、2歳息子、そして10年間家庭を支えてくれた妻。愛する家族のために月3万円の材料費で腕を振るう節約パパ|「節約に見えない外食風レシピ」をテーマにウェブ上でレシピ掲載や商品開発などに取り組む

【レシピ、記事掲載】
・NADIA ・Olive note ・ESSE

目次
閉じる