屋台のイベントに助っ人出演

10月16日(土)道後公園のイベント「湯月市」でお肉を焼いてきました!

日頃からお付き合いのあるキャンプ事業「n.camp」とコラボで

  • タンドーリチキン串
  • 丸ごとハーブフランクフルト
  • 焼きバームクーヘン(セルフ)

を販売!

焼きバームがこんなにおいしいとは知らなかった・・

久しぶりにライブ感のある接客と販売が体験出来てとっても楽しかったですね。。

こどもたちも大喜びです

n.campにとっては初めての屋台出店ということだったので、商品を販売するときの目標の立て方やオペレーション、危険予測などを一緒に確認しながら準備。

今回は11~16時で来客数1000人前後という小規模のイベントだったので、とりあえず合計200本(細かい内訳もあり)は目指そう!と目標設定。

目次

目標がなければ何も生まれない

初めてこのイベントの相談を受けた時「n.camp」が想定していた準備数はチキンとフランク合わせて40本程度。

ちょ待てよ!!

とつい口を挟ませてもらい、半ば強制的に200本に上乗せしました。笑

目標設定がなぜ大切なのか。

目標がないと困る理由はいくつかあるんですが一番は終わった後に

今回のイベントって良かったのかな??

ってなるんですよ。

目標がなければ

  • 「振り返りや評価」ができない
  • 頑張り方が分からない
  • チームワークが生まれない
  • 達成感がない
  • 改善が生まれない

マジで良いことないです。

さらには目標を立てない心理として「もしもイマイチだった時に言い訳できる」という予防線だったりもします・・・

低すぎると頑張らない、高すぎると心が折れる

目指すのはちょっぴり背伸びするくらいの目標。

極端に言うと100を目指す方法と500を目指す方法は根本的に作戦が違うでしょ?

500目指して計画していれば結果悪くても300は余裕で達成出来たりするんです。

200食目標達成

結果的にタンドーリチキンとフランクフルトは16時前にピッタリ完売!合計200本以上を見事達成!

正直ギリギリだったぜ・・・笑

キャンプ事業ということで

  • 目の前で焼き上げる演出
  • キャンプ用のテントを設営
  • 声出しと試食
タープ?っていうの?他にもオシャレなグッズがたくさん

これらの試作が効いたのか、会場でも比較的目立ったブースになりました。

おかげで、お客さまからたくさん写真のリクエストがあったり、Instagramのフォロワーが増えたり・・・

その後にも繋がる、嬉しいことがたくさん。

野外イベントは学ぶべきものがたくさんありますね♪

来週24日も出店予定なので、ガンガンPDCA回して今回の反省を活かします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる