キッチンバサミの可能性を探る【買ってよかったおすすめ品】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

まな板も包丁も使いたくない・・
なんなら料理もしたくない。

こんにちはズボラ料理人専業主夫パパイズムです!

心の声が漏れがちですが、キット共感してくれる人は多いはず。

料理が出来ても面倒なモノは面倒なんです。

そこで、新しい可能性に一歩踏み出してみました。それが「キッチンバサミ」の購入。

買い替えにあたって調べまくった項目は以下の通り

  • 切れ味・・生肉もスパスパ切れる切れ味が欲しい
  • カッコよさ・・オールステンレスがいいな
  • 価格・・そこそこ高くてもいい
  • 衛生・・分解できるかどうか
  • 頑丈性・・10年使えるかどうか

それらを踏まえて今回購入したのはコチラ!

目次

貝印KAI キッチンバサミSELECT100 DH3005

価格・・1500円前後
分解可能

両利き用

これですよ。

貝印と言えばキッチン・調理器具の専門メーカー。

特に刃物はリーズナブルなものからプロ仕様のものまで幅広く、品質には信頼性があります。

貝印オンラインストア>>

今回値段も1000円~7000円と幅広く、種類が多くて結構悩みました。

↓貝印じゃないけどコレ、キッチンバサミの中でも人気が高いやつ↓

が!今回はおためしということと、実はオールステンレスの細いグリップ、以前職場で長時間使用して手が疲れた経験があるので、比較的低価格でカーブしていないグリップ付きのキッチンバサミを購入。

とはいえ今まで100均のハサミを使っていたので十数倍の金額です。

貝印KAI キッチンバサミSELECT100のメリットデメリット

【メリット】

  • 価格が手ごろ
  • 切れ味十分
  • 分解して洗える
  • ちょっとした切りものは便利
  • 重みもあり、かなり頑丈
  • 握りやすく指に食い込まない
  • 先端に丸みがあるので落としても安全
  • 牛乳パックもサクサク切れる(僕は切る)


【デメリット】

  • デザイン性はオールステンレスの方がカッコいい
  • 完全に包丁いらずとはいかない
  • スパッというよりはザクッと切れる(繊維がつぶれる)

こんな感じ!

でも、お肉系は余裕。葱とかサラダの葉っぱとか簡単なものはフライパンの上で全てカットできるのでホントにラク。

ちょっとした変化ですがやはり100均のハサミより「大切に使おう・・」という気持ちになります。

買ってよかった!ぜひ参考にしてみてください♪

他のキッチングッズを見る>>

目次
閉じる